オフィスホワイトニングのメカニズム

なぜ歯は黄ばむのでしょうか?その原因は加齢・遺伝・汚れが挙げられます。歯の構造は最表層がエナメル質で覆われており、その下に黄褐色の象牙質、中心に神経があります。エナメル質は年齢とともにすり減って薄くなりますが、一方の象牙質は神経を守るために厚みを増していきます。エナメル質は半透明なため、年々象牙質の黄褐色が目立つようになります。

また歯の表面の汚れが内部に沈着することによっても黄ばんできます。このため表面的な汚れはクリーニングでも対応できるのですが、加齢や遺伝、歯の内部まで沈着した汚れはホワイトニングでなければ取り除くことは出来ません。

ではどのようにして歯を白く輝かせるのでしょうか?一言で言うと、歯を漂白して白く着色します。歯の表面に過酸化水素を主な成分とした薬剤を塗布し、熱や光で歯の黄ばみ色素を分解して、歯を白くしていきます。しかし上記で述べたように、黄ばみの原因は歯の汚れだけではなく象牙質の色にもあります。

しかし象牙質をホワイトニングすることはできません。そこでエナメル質の表面にマスキング(コーティングのようなもの)をかける必要があるのですが、実はホワイトニング剤にこの成分が既に含まれているのです。したがって、ホワイトニングとはエナメル質の漂白とマスキングを同時に行うことなのです。