オフィスホワイトニングの注意点

オフィスホワイトニングの注意点は主に二つあります。一つ目、きちんとした医療機関で施術を受けましょう。エステでできるホワイトニングはオフィスホワイトニングではありません。歯を白くするホワイトニングの薬剤は、法律で医療機関でしか扱えないと定められています。

ほとんどのホワイトニング剤の主成分は過酸化水素なのですが、エステなど費用が極端に安い場合はポリリン酸と呼ばれる歯磨き粉と同じ成分の物を使用しているため、歯の表面の掃除でしかありません。このため、歯を白く輝かせたい場合は、極端に費用が安い施術は避けましょう。また無資格者が施術すると違法行為となりますので、歯科医師・歯科衛生士等の国家資格保有者がいる医療機関を選択しましょう。

二つ目、まずは虫歯・重度の歯周病がある方は利用できません。ホワイトニング剤が歯にしみてしまう可能性があるため、治療を優先しましょう。続いて知覚過敏のある方です。これも歯にしみる可能性があるため、濃度の低いホワイトニング剤を用いるなど医師との相談が必要です。

続いて妊娠・授乳中の方もお断りしています。ホワイトニング剤が妊娠・授乳中の方に悪影響を及ぼすという研究結果は出ていませんが、念のために施術を避けるのが一般的です。最後に稀に無カタラーゼ症(過酸化物の分解が出来ない体質)、光過敏症(光に対して過剰な反応を示してしまう体質)の方いらっしゃいますので、事前に医師に確認してもらいましょう。