オフィスホワイトニングの注意点

オフィスホワイトニングの注意点は主に二つあります。一つ目、きちんとした医療機関で施術を受けましょう。エステでできるホワイトニングはオフィスホワイトニングではありません。歯を白くするホワイトニングの薬剤は、法律で医療機関でしか扱えないと定められています。

ほとんどのホワイトニング剤の主成分は過酸化水素なのですが、エステなど費用が極端に安い場合はポリリン酸と呼ばれる歯磨き粉と同じ成分の物を使用しているため、歯の表面の掃除でしかありません。このため、歯を白く輝かせたい場合は、極端に費用が安い施術は避けましょう。また無資格者が施術すると違法行為となりますので、歯科医師・歯科衛生士等の国家資格保有者がいる医療機関を選択しましょう。

二つ目、まずは虫歯・重度の歯周病がある方は利用できません。ホワイトニング剤が歯にしみてしまう可能性があるため、治療を優先しましょう。続いて知覚過敏のある方です。これも歯にしみる可能性があるため、濃度の低いホワイトニング剤を用いるなど医師との相談が必要です。

続いて妊娠・授乳中の方もお断りしています。ホワイトニング剤が妊娠・授乳中の方に悪影響を及ぼすという研究結果は出ていませんが、念のために施術を避けるのが一般的です。最後に稀に無カタラーゼ症(過酸化物の分解が出来ない体質)、光過敏症(光に対して過剰な反応を示してしまう体質)の方いらっしゃいますので、事前に医師に確認してもらいましょう。

オフィスホワイトニングのメカニズム

なぜ歯は黄ばむのでしょうか?その原因は加齢・遺伝・汚れが挙げられます。歯の構造は最表層がエナメル質で覆われており、その下に黄褐色の象牙質、中心に神経があります。エナメル質は年齢とともにすり減って薄くなりますが、一方の象牙質は神経を守るために厚みを増していきます。エナメル質は半透明なため、年々象牙質の黄褐色が目立つようになります。

また歯の表面の汚れが内部に沈着することによっても黄ばんできます。このため表面的な汚れはクリーニングでも対応できるのですが、加齢や遺伝、歯の内部まで沈着した汚れはホワイトニングでなければ取り除くことは出来ません。

ではどのようにして歯を白く輝かせるのでしょうか?一言で言うと、歯を漂白して白く着色します。歯の表面に過酸化水素を主な成分とした薬剤を塗布し、熱や光で歯の黄ばみ色素を分解して、歯を白くしていきます。しかし上記で述べたように、黄ばみの原因は歯の汚れだけではなく象牙質の色にもあります。

しかし象牙質をホワイトニングすることはできません。そこでエナメル質の表面にマスキング(コーティングのようなもの)をかける必要があるのですが、実はホワイトニング剤にこの成分が既に含まれているのです。したがって、ホワイトニングとはエナメル質の漂白とマスキングを同時に行うことなのです。

オフィスホワイトニングの特徴

オフィスホワイトニングは歯科医院で資格を保有している歯科医師の管理下で行う通院型の方法であり、自分で行うホームホワイトニングよりも安全であると言えます。また、マウスピースをはめることもないので口の中に異物を入れるのが苦手な方はオフィスホワイトニングの方がおすすめできます。

ほとんどのホワイトニング剤の主成分は過酸化水素ですが、過酸化水素は体や口の消毒にも使用しているため安心して使用できます。またニューヨーク大学や東京医科歯科大学等多くの研究機関が研究しており、歯を軟化させたり傷めたりすることなく安全に白くできると米国食品医薬品局にて証明されています。

ここでオフィスホワイトニングは永続的なのでしょうか?残念ながら答えはNOです。オフィスホワイトニングは3~6カ月で効果が切れてしまいます。その原因は日々の食事による汚れの沈着です。このため定期的に歯を白くキレイに保つにはホワイトニングする必要があります。

しかしこのメンテナンス費用は初期費用よりもずっと安いため、悲観的になる必要はないでしょう。またホワイトニングの効果を長く保ちたい場合は、歯磨きを念入りに行ったりクリーニングで汚れを落とすように心掛けましょう。

オフィスホワイトニングとは

歯のホワイトニングは女性に人気のある美容メニューの一つではありますが、一体何をするものなのでしょうか?簡単に言うとホワイトニングとは歯を白く明るくする方法です。歯磨きや歯のクリーニングでは落ちない加齢や遺伝による歯の黄ばみを歯を削ることなく施術でき、麻酔をかける必要がないことが最大のメリットだと言えます。また、歯に付着した歯垢や歯石、着色汚れを取り、本来の歯の状態に戻す方法であるクリーニングとは異なり、本来の歯の色よりも白く輝かせることができます。ちなみに、大阪ホワイトニングを行っている美容歯科も歯を削らずに施術をすることができます。

では、オフィスホワイトニングとは何なのでしょうか?オフィスホワイトニングとは、歯科医院で歯科医師の管理下で行う通院型の方法であり、短期間で効果を得ることが出来ますが色戻り(歯の白さが元に戻ってしまうこと)がしやすいといった特徴が挙げられます。

ホワイトニングは医療行為なので、安全面について心配される方がいらっしゃると思います。しかし問題はありません。ホワイトニングの安全性は米国食品医薬品局において証明済みであり、使用する薬剤も体や口の消毒に使用されている安全性の高いものです。

人の第一印象を決める際に重要な要素となるのが歯のキレイさです。あまり意識をしたことがない人が大多数だとは思いますが、実は歯が白く輝いていると、肌も白く透き通って見えます。当サイトでは、歯を白く輝かせ清潔感を印象付けることが出来る、オフィスホワイトニングについて紹介します。